電子タバコはなぜ選ばれる!?意外なメリットを紹介

電子タバコはなぜ選ばれる!?意外なメリットを紹介


タバコ葉が使われていないのが最大の特徴

電子タバコの最大の特徴はタバコ葉が使われていないことです。するとタールを摂取する心配がないので、健康を気にする人にとってタバコよりもいいわけです。ニコチンに関しては製造国によって事情が異なり、日本製には含まれていませんが、海外製には含むタイプがあります。タールもニコチンも摂取したくない人には、日本製の電子タバコが適しています。

有害物質を含んでいなければ、健康被害の心配はありません。紙タバコのような満足感は得られませんが、気分転換したいときは便利です。有害物質を含まない電子タバコは嫌な臭いがしないので、皮膚や衣服にタバコ臭が染み付くことがないです。また歯がヤニで黄色くなる心配もなく、健康・美容の両面においてメリットがあります。

電子タバコは禁煙アイテムにもなる

ヘビースモーカーの人にとって、タバコをやめるのは簡単なことではありません。ニコチン依存の状態にある人は、体内のニコチンが切れてくるとイライラしたり、集中力が低下したりします。こうしたデメリットを解消するには、禁煙をするしか手段がないのです。喫煙をしながらいろいろなサプリメントを飲んでいる人がいますが、タバコの健康被害はサプリで相殺できないほどに強力です。そこで役立つのが電子タバコで、禁煙アイテムとして活用されています。ただし最初からニコチンゼロの電子タバコを選ぶと禁煙が難しくなるので、最初はニコチンが少し含まれた電子タバコから始めて、段階的にニコチン量を減らしていく方法がよく選ばれています。

ニコチンリキッドは薬事法によって、個人が海外から輸入可能な量に制限があります。量の上限が1ヶ月に120ml以内とされています。

Next post 内祝いでカタログギフトを送りたい!送り方にマナーはある?